SAKAMOTO KILN ARITA

Movie

Interview

SAGAMA 坂本

——引き込まれるような深いブルーが印象的な作品ですね

瑠璃釉(るりゆう)という釉(うわぐすり)を使っています。技法としては江戸時代からあるものなのですが大変デリケートで焼成時に割れやすく、歩留まりが悪いことが特徴ですが、完成した時の美しさは格別です。イメージするのは深海のブルー、夜明け前の空 人間が本能的に「美しい」と感じる色、それを目指しています。

——陶芸家になった経緯を教えてください

20代初めごろは長距離トラックの運転手をしていましたが、体調を悪くしたことで帰郷、そこから窯業大学に通い焼物と出会いました。20代後半陶芸家修行時代に釉の世界に魅せられ そこから他の誰にも真似できない深いブルー 瑠璃釉の世界にのめり込んでいき やがて独立現在に至ります。

——奥様の美保さんの描かれる絵付けも初めて見るのに懐かしいような不思議な気持ちになる素敵な模様です

古典を模しながらも、新しいデザインを取り入れるなど、「全く新しい」より「どこか新しい」を心がけて制作しています。

SAGAMA 坂本

——現在はどのような形で作品を紹介していらっしゃるのですか

工房の展示室から 全国の展示会出展やECサイトで主に紹介、販売しています。

——お二人のインスピレーションの源はなんでしょうか

古伊万里が好きなので、デザインのベースはそこから得ることが多いです。他、旅先で見た景色、文化などから刺激を受けてデザインに生かすこともあります。

——器を通してどんなことを伝えたいと考えていらっしゃいますか

瑠璃の器がテーブルに並ぶことで 普段のテーブルを少しリッチに感じさせてくれる、そんな空間を提供できればと思っています。

——坂本窯の他の窯元との違いはなんでしょうか

坂本達也の瑠璃釉の世界は他に類がありません。少量生産しかできないため、皆様にお見せできる機会も限られていますが、その希少性ならではの魅力を楽しんでいただけたら幸いです。

SAGAMA 坂本窯

Collection

リンカ豆皿 

リンカ豆皿 瑠璃色の菊割輪花小皿 圧力鋳込成型 商品寸法 W8㎝×D8㎝×H2㎝ 商品重量 約69g 商品材質 [...]

ペタ皿 暮瑠璃釉

ペタ皿 暮瑠璃釉 焼成後のカタチをペッタンコになるように造るのは、ちょっとヘタったりして難しいです。 このペタ [...]

ペタ皿 深瑠璃釉

ペタ皿 深瑠璃釉 焼成後のカタチをペッタンコになるように造るのは、ちょっとヘタったりして難しいです。 このペタ [...]

Philosophy

Mission

青が深く広がる器で、ちょっと好い気分の毎日を

Vision

青の深さや広がりを追求する窯元でありたい

Value

創造性を解き放つ、誠実である、寄り添う

Profile

坂本窯陶工房 平成11年9月設立
佐賀県有田町の古窯の里 黒牟田地区の窯元
全国展示会、作品展などに出展、販売
​​坂本達也 有田焼の中でも希少な「瑠璃釉」の作家として当窯の主軸
公募展などでの入賞の経験を積み、日々研鑽に励む
​​坂本美保 下絵付け絵付け師として、主に染付の作品を手がける

Company info

Name 坂本窯陶工房
Head Office 〒844-0022
佐賀県西松浦郡有田町黒牟田丙3127番地
Tel 0955-43-4615
Mail info@sakamoto-kama.com
HP http://www.sakamoto-kama.com/
SAGAMA

PAGE TOP